ともかのテニスダイアリー

テニスで世界ランキング1位を目指す梅田巴花のテニス活動記録です。

全国選抜県予選。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立っている、屋外

U12での優勝、九州大会出場を目標に頑張りましたが残念ながら準決勝で敗れ、3位決定戦も5年生の子に敗れました。

今日は1回戦がbyeで初戦がとても力のある5年生の子の2試合目という事でそこを勝てるかが実はとても心配でした。予想通りチャンスボールなどのミスが続いたり40-40でコードボールの失点があったりと苦しい状況でしたが3-4から6-4で逆転勝ち。準々決勝は第2シードの5年生。打っても打っても上手く拾われ4-5からタイブレーク7-4逆転勝ち。この試合も40-40の時にコードボールの失点があり「今日は試されてるなぁ」と感じました。


準決勝の6年生の子に勝ては九州大会確定。控えコートのスコアを見ると0-0でしたので軽めに食事を取られせたのですが、次のチェンジエンドでいきなり5-2!完全にタイミングを誤りバタバタして試合に入りました。

スコアボードはちゃんと変えないと人に迷惑をかける事に気づけたようです。

試合は明らかに集中力がなくなっているにもかかわらず際どいところを狙ってのミスが続き声も出ない状態に…。なんとか集中力を取り戻すまで持ち堪えてくれと念を送りましたが3試合目も40-40のコードボール失点が1-1の時にあり、それでますます集中力がなくなってしまいました。試される巴花。


結局4-6で敗れ3位決定戦へ。

5年生の子との3位決定戦は準決勝より集中力は高まったものの最後は4-5ダウンで30-30の状態で試合終了…。ちゃんと相手に伝えたそうですが覆せず。いろいろな場面での対応力もまだまだ教えなければならないと感じました。


ちなみに3位決定戦でも、その後のマッチ練でもコードボールでゲームを1つずつ失うというミラクルな1日でした。